kifu for JSの不具合

動く将棋盤として使っている「kifu for JS」ですが、1週間前くらいから棋譜の読み込みができなくなってしまいました。
一応、「棋譜保存」ボタンをクリックするとkif形式のtxtファイルにはちゃんとリンクで飛ぶことができます。

おそらく、fc2ブログの仕様変更が原因と思われますが、fc2からアップデートの情報などなにも提供されていないので、正直どこをいじれば直るのか分かりません。迷惑な話です。
SSL対応によりhttp://~にリンクされたコンテンツが非表示になるようになったからじゃないかと疑っているのですが、ブログ自体もhttps://~に変更しましたし、リンクもすべてhttps://~にしてあります。が、直りません。
こんなことにばっかり時間を使うのも惜しいので、いったん諦めました。

まあ、将棋盤をインラインフレームで埋め込むなど、回避法はいくつもありそうですが、過去記事一つ一つにその作業をやっていくのはダルいです。
本来なら、flash盤を使っている5年以上前の記事とかもJavaScript対応にしたいのですがね。
それと、kifu for JSも、スマホから使いにくいという欠点があり、ちょっと不満があるのです。

このブログで使う動く将棋盤としての要求事項は、次の通り。
・JavaScript製
・単玉OK、駒落ちOK
・分岐に対応
・棋譜コメントに対応
・駒音が鳴らない(当たり前。駒音パチパチ鳴るのはありえない)
・スマホで盤の右側をタップすると進み、左側をタップすると戻る
・(できれば)レスポンシブ幅対応

kifu for JSだと、下2つができないのですよね。
特にスマホからの見やすさ、再生しやすさは重要かと思っています。
しかし、これらの要求をすべて満たす盤は現在、存在していません。

まあ、自作すればいいのかもしれませんが、JavaScriptは門外漢なので、勉強にちょっと時間が必要です。いつかはこれくらい作れるようになりたいのですが。

というわけで、過去記事で使用している動く将棋盤はほとんど再生不可になってしまいました。
新しい記事は暫定的になんとか表示させてやっていきますが、過去記事の対応予定は相当先になります。

もし、fc2ブログでkifu for JSを使っている方で、過去記事を一つ一つ修正せずとも問題解決できたという方がいたら、教えてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして、gemmaroと申します。
いくつか気付いた点があるのでコメントします。


# Kifu for JSについて

記事中で挙げられていたKifu for JSに関する改善点ですが、これらはissueにもあるため、今後対応される可能性があります。

> ・スマホで盤の右側をタップすると進み、左側をタップすると戻る

https://github.com/na2hiro/Kifu-for-JS/issues/11

> ・(できれば)レスポンシブ幅対応

https://github.com/na2hiro/Kifu-for-JS/issues/26

もし要望などがあればGitHubのissueで提案するとよいでしょう。
(たぶんプログラムの作者のかたもブログを巡回するのは億劫だと思います。)

Kifu for JSは基礎からしっかり作られている印象で、(見た目や使い勝手より)きちんと動作する点に価値があるというのが個人的な印象です。
将棋のオープンソースソフトウェアが増えると嬉しいので、ぜひ作成されてみてください!


# FC2について

> 動く将棋盤として使っている「kifu for JS」ですが、1週間前くらいから棋譜の読み込みができなくなってしまいました。

FC2にアップロードしたファイルについて、FC2に棋譜ファイルを置いた場合に再現しました。いまのところ原因も解決策もよくわかりません。FC2以外にファイルを置いておいて、そこからファイルを取ってくるようにすることはできそうです。以下のリンクはそのサンプルです。(デフォルトのスタイルが邪魔なので省略しています。)

https://gemmaroja.blog.fc2.com/

ここでは GitHub に棋譜ファイルを置いて、それをFC2から参照している形です。棋譜ファイルを置いているリポジトリは以下です。

https://github.com/gemmaro/kifu-file-test

質問などあればなんらかの形で連絡いただければお答えします。

No title

>gemmaroさん
情報ありがとうございます。
kifu for JSは4年前くらいに初めて導入して、アップデートが何回かあってだんだん使いやすくなってきたと思います。
無償で使わせてもらっている立場上、こちらから要望をするというのも気が引けていたのですが、今後やってみたいと思います。

また、FC2以外にファイルをアップロードすればいいというのはなるほどで、これからの記事ではそうやって対応したいと思います。
また、FC2にアップロードした棋譜でも、htmlをブログ上にインラインフレームで埋め込むという手法なら大丈夫そうです。
過去記事を一つ一つそれで置き換えていくのが面倒というだけの話でした……。

No title

鈴川優希さん

返信ありがとうございます。
たしかに1つ1つの記事を置き換えていくのは大変ですね……。
さきほどWebのコンソールを見たところ、CORS [1] が絡みそうなので、Kifu for JS側でなんとかするのは不可能だと思います。FC2のサーバの設定が変わったことが原因でしょう。

[1] https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/HTTP/CORS

GitHub Pagesと静的サイトジェネレータを使ったブログはブログシステムに縛られない投稿ができる気がします。一方で敷居は高いかもしれません。

No title

>gemmaroさん
FC2の仕様については今回のこと以外でもいろいろ苦戦してきたので、できれば移転したいところなのですが、10年以上もここでやってきたので、今更引っ越すとなるとその手間がしんどいのですよね……。
いつかは、と思っているのですが。

とりあえず直近は、時間を見つけて記事を1つずつ修正していきたいと思います。
カレンダー(月別)
03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
1997年生まれ。月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。半期賞9回、看寿賞1回。2016年4月~2020年6月「ちえのわ雑文集」世話役を務めました。現在は入選200回を目指す傍ら、順位戦や短コンの解説をたまに担当しています。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に当ブログで開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot