詰パラ 入選184回 大学

実は今年からmy cube新館をオープンして記事の移植を進めています。
サイトの見た目が整い次第、こちらでも告知します。

とりあえずそれまでは、自作の発表作の整理のため、旧ブログに記事だけはあげていきます。



詰将棋パラダイス2021年11月号
大学

誤4 無12
A15 B2 C0
平均2.88

宮○敦史―まさかの初手や、44銀に対する35桂(歩?)、作意の87桂など、非常に中身の詰まった曲詰。傑作。
占魚亭―下半期の〆は「メ」の炙り出し。35銀の捌きが好感触。



かなり難解な炙り出し。
まず、初手44銀が普通だが、これには35歩合とされ……

43-3t3.png

同馬、67玉、58金、同馬、78銀、76玉、77金、65玉で、

43-3t4.png

中合の効果で25龍が王手にならないので逃れている。
そこで、初手はわざわざ開王手をしないように46銀と非効率に使うことで、35歩合を防ぐというちょっとした構想になっている。

43-3t5.png

これなら25龍で簡単だ。

そこで65玉ではなく85玉と逃げるわけだが、89龍と回り、74玉、73銀成でさらに悩ましい。

43-3t6.png

①73同玉から考える。これには51馬、64玉、84龍、65玉、66金、同玉、86龍、76合、84馬、56玉、68桂、同馬、76龍以下、39手くらいで詰む。

続いて、73銀成に②64玉を考える。84龍といきたくなるが、それは65玉、66金、同玉、86龍に76金合で惜しくも詰まない。正しくは55銀で、同玉、46馬、65玉、57桂、同馬、85龍、75金(飛)合、同龍、同玉、57馬と駒がたくさん入手できて詰む。

そこで、③65玉を考える。これには57桂と捨て、同馬は85龍、75馬(質駒の事前退避)、76金、56玉、57銀、47玉、46馬、58玉、67銀、49玉、89龍、59金合(銀合は売り切れ)、58銀以下詰み。したがって、57桂は取れず56玉とかわすことになるが、67銀、47玉(同馬は同金、同玉、34馬、56歩合、78角以下)、58銀で捕まってしまう。

43-3t7.png

たくさん変化を追いかけてわけがわからなくなってきている頃かと思うが、この局面が一番重要。作意をすでに並べた方ならもうピンときているはず。

43-3t8.png

そう、89龍と回った局面で87桂合を入れておけば……

43-3t9.png

58銀に38玉と潜り込んで、これが唯一の逃れとなっているのだ!
強力な龍をわざわざ近づけてしまう不利感もあり、かなり見えにくい中合になっていると思う。

43-3t10.png

さて、87桂合に同龍、74玉、73銀成、65玉、66金、同玉と進んだ局面。ちなみに、87が歩合だとここから33馬、75玉に76歩と叩けて早い。
桂合の場合は違う攻め方をする。つまり、ここで46銀が邪魔駒になっているので、57銀、75玉(65玉も可)、66銀、同玉と原型消去をしてから77銀と上がっていくのがちょっとやりにくいが正解。振り返ってみれば、この46銀は初手で中合回避のために仕方なく置かされたもので、それをこのタイミングで消去するというのが狙いの伏線回収である。

以降の手順は最初の動く将棋盤で並べてもらえば結構だが、それほど簡単というわけでもない。ともかく、最後は「メ」の炙り出しとなる。

43-3t11.png

最初はもちろん都詰になるように作ろうとしていたが、最後の金合のところで変化が割り切れなかった。一段ずらしたら展望が開け、ここまで逆算できたという裏話。
「メ」の炙り出しは収束のパターンが限られていて、なかなか新作と呼ぶにふさわしい逆算ができないのだが、今回は一段ずらしのおかげで大成功だった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
1997年生まれ。月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。半期賞9回、看寿賞1回。2016年4月~2020年6月「ちえのわ雑文集」世話役を務めました。現在は入選200回を目指す傍ら、順位戦や短コンの解説をたまに担当しています。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に当ブログで開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot