プレ短コン秀和歌さん作の改作案

冬眠蛙さんのブログで開催されたプレ短コン、現在解答発表中ですね。自作は4位ということで、全体のレベルの高さを思い知らされました。

第3番は秀和歌さんという方の作品で、僕はこれが結構気に入りました。短評を見ると既視感があるということで、評点は4点を超えなかったのですが、僕は逆に斬新な手順に見えたのです。
今回、その改作案が浮かび、秀和歌さんが是非にということで、おこがましいながらもここに公開しておきます。



改作と言っても、原作と比べてどちらが良いかは分かりません。駒数が1枚減って飛捨てが加わったものの、玉頭に銀をガツンと打つ手の味が、ただの歩の叩きになってしまいました。不動の22龍の存在も良くありません。
まあ、原図で57にある香車が取り残されてしまうのが気になったので、それを変えようと思ったのが起点でしたから、その目的は達成されました。

以上、身の程知らずな内容で申し訳ありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

手順構成を評価します

僕はこの3を首位と予想しました。
展開は見え見えだと思いますが、王道の創り方だと思います。

詰上がりに残る4・5筋の駒が不満なので、作家よって図面は全く違うものになるでしょう。

鈴川図は原図で詰上がりに残る57香を飛にして捨てて消している点はハッキリ優れています。

僕は詰上がりに不参加駒がないように創るのが一番大事と思っています。
まだ何か工夫出来そうですが、これがデビュー作なのは大した作図技術と思います。

No title

単純な逆算や正算では作れない手順ですよね。思い浮かべた手順を確実に図化されていて、羨ましく思います。

ありがとうございました。

改作図の方が数倍いいですね、すごいです。とにかく配置に煩雑さが消えたのは大きいです。

構図によって銀でなく歩を持ち駒にできるのはうっかりしていました。いろんな発想があるものですね。

それにしても、これほどの高評価をいただけるとは思っていませんでした。
ありがとうございました。

No title

実は秀和歌さんも持駒歩を考えていたけれど、玉頭に銀を強く打ち付ける味を重視したのかなとも思っていたので、ちょっと心配でした。気に入って頂けて良かったです。
是非、詰パラデビューを。応援してます。
カレンダー(月別)
04 ≪│2022/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
1997年生まれ。月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。半期賞9回、看寿賞1回。2016年4月~2020年6月「ちえのわ雑文集」世話役を務めました。現在は入選200回を目指す傍ら、順位戦や短コンの解説をたまに担当しています。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に当ブログで開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot